NCTOOL                                          Soft - OnLine  

トップ > AIONオンラインヘルプ > ATCポストの制御文字と実際の使用例

<使用可能な制御文字>

#

ATC開始設定の全てを必ず出力します。必ず先頭行(一番上)に書いてください

!

記述した行は必ず出力します。必ず行の先頭(左)に書いてください

/

記述した行は出力しません。必ず行の先頭(左)に書いてください

$+

述した行は固定サイクル工程の時のみ出力します。必ず行の先頭(左)に書いてください

$-

記述した行は固定サイクル工程の時のみ出力しません。必ず行の先頭(左)に書いてください

G90 NCデータの出力条件を絶対位置指定にします
ポスト内のG90、G91は重要な意味を持ちます。自動出力するNCデータは、この情報を元に判断します。
G91 NCデータの出力条件を相対位置指定にします
S?

各工程で指定した工具の回転数が出力されます

T?

各工程で指定した工具の番号が出力されます

M6?

開始/終了設定→基本設定→使用コード→工具交換で指定した値を代入します(通常はM06)

TM?

各工程で指定した工具の番号と開始設定で指定した工具交換コードが出力されます(T?M6?と同じ)

H?

各工程で指定した工具長補正番号が出力されます
 (工具径補正番号はプログラム中に出力する為、指定できません)

SX?
SY?
SZ?

開始設定で入力したスタート位置の値が出力されます

AX?
AY?

各工程の計算時に算出した最初の座標値を出力します
(通常は位置決めとして、工具交換コードの下に記述してください)

AZ?

各工程で指定したZアプローチ位置の値が出力されます

NZ?

各工程で指定したZ逃げ位置の値が出力されます
(固定サイクル工程ではイニシャル点の入力値が代入されます)

RZ?

固定サイクルR点で指定した値が出力されます

TDN?

各工程の工具設定で指定した工具の直径と種類名をコメント出力します(出力例: DIA=10. ENDMIL)

TND?

各工程の工具設定で指定した工具の種類名と直径をコメント出力します(出力例: ENDMIL DIA=10.)

DIA?

各工程の工具設定で指定した工具の直径がコメントとして出力されます(出力例: DIA=10.)

TOOL?

各工程の工具設定で指定した工具の種類名がコメントとして出力されます

OF?

加工仕上げ代を指定した工程では、仕上げ代の値がコメントとして出力されます

NAME?

工程名を出力します(全角文字の場合は注意)

SUBMSG?

サブプログラムを使用する場合にサブプログラムにコメントを出力します
SUBMSG?xxxxxxの記述で、xxxxxがコメント部分です
カッコは不要で、他の特殊文字は同じ行に書かないで下さい
 (SUBMSG?MEMO2?でMEMOの内容を出力する事も可能)

MEMO1?
MEMO2?

メモ1、メモ2欄の記述を出力します (メモ1は工具設定ファイルのメモ内容が代入されます)

TCM?

各工程の工具設定で指定した工具の工具番号(数値のみ)を出力します

DIACM?

各工程の工具設定で指定した工具の直径(数値のみ)を出力します

RADCM?

各工程の工具設定で指定した工具の半径(数値のみ)を出力します

XYF1?

各工程で指定したXY送り速度を単独で出力します

<基本的な例>

G90G00SX?SY?SZ? ←開始設定で指定したスタート位置を出力
M03S? ←加工工程で指定した回転数を出力

< 工具交換使用例>

TM? ←加工工程で指定した工具番号と工具交換コードを出力
TDN? ←工具直径と工具名称をコメント出力

G90G00AX?AY? ←工程内で指定した加工開始位置を出力

G43H?SZ? ←工具長補正番号と開始設定のスタート位置Zを出力

M03S?
$+G98AZ? ←固定サイクル工程の時はイニシャル点戻しのコードを出力(他の加工工程では無効)
MEMO1? ← 工具設定ソフトで指定したコメントを出力

< インク指定使用例>
 
G91AX?AY? ←この位置から出力されるNCデータは相対位置移動になります

<工具情報出力時の注意>
TND?、TDN?使用時
ブルノーズエンドミルの場合のみ(NR-ENDMIL DIA=10. NR=0.5)又は(DIA=10. NR=0.5 NR-ENDMIL)となります

エディター画面の「データ情報の表示/印刷」機能では、T番号と各加工工程の関係は、工具交換コードにより識別しています
そのため、正しく認識するために(TOOL?)(DIA?)(TND?)等は
工具交換コードの後に記述してください。
<例>
TM?
TND?
G43H?SZ?

T?
M6?
TND?

ヒント:
開始/終了設定の「開始出力」の内容を出力する時点では、スタート位置の情報以外は取得できていません

その為、T?、S?、TOOL?等を記述しても、その値にはプログラム内部の初期値が代入されてしまいます
開始出力にはプログラム番号や、座標系など最低限の情報を記入してください。

<ATC設定、?文字追加分>
CAMの各加工工程の設定内ではメモ1、メモ2のコメント入力欄がありますが
それぞれ、ATC開始設定内に記述したMEMO1?、MEMO2?に対して出力します
工具設定ファイル(TOOLSet)から工具情報を呼び出した場合は、TOOLSet内のメモ情報がメモ1に挿入されます。

注意:
メモ1,2欄に記入した文字はATC設定内のMEMO1?、MEMO2?に連動して保存する特殊なプログラムで作成しています
その為、ATC設定内にMEMO1?、MEMO2?の記述が無い場合は保存されませんのでご注意下さい。

MEMO1?、MEMO2?、SUBMSG?などカッコが追加される特殊文字は
1行専用にするか、他の特殊文字の後に書いてください。
G43H?MEMO1?   ← OK
MEMO1?SX?YS?    ← NG