NCTOOL                                          Soft - OnLine  

トップ > AIONオンラインヘルプ > ATCポストの作成

<ATCポストの作成について>

機械固有の出力情報はユーザー様にてカスタマイズが可能になっています
編集可能項目は、CAMの作業開始時に表示される開始/終了設定内の基本設定タブ「開始出力」「終了出力」
同じく、共通ATCポストタブの「ATC開始出力」「ATC終了出力」
各工程設定の「ATC開始出力」「ATC終了出力」の3つがあります。

開始/終了設定内の基本設定タブの「開始出力」「終了出力」

共通ATCポストタブの「ATC開始出力」「ATC終了出力」

各工程設定の「ATC開始出力」「ATC終了出力」

通常は、開始/終了設定内の共通ATCポストタブ「全ての工程で共通のATCポストを使用する」を有効にしてください
必要に応じて、各工程設定の共有除外にチェックして個別に設定する事も可能です。
また、「全ての工程で共通のATCポストを使用する」を無効にした場合は

各工程設定で全て個別の設定が可能になります(工程の種類によって独立した内容です)

<ATC開始出力/ATC終了出力の設定方法>
CAMはマシニングの使用を想定しているため、工具交換が前提になっています
通常は、ATC開始設定でTM?又はM6?の記述があり、設定されているT番号を元に処理をします
この処理には、幾つかの特性がありますので、ご注意およびご理解ください。

--- 基本動作条件 ---
1:デフォルトのT番号は0番です
2:工具交換コードが無いと出力しません
3:工具交換コードで処理されるとデフォルトのT番号が変更されます
4:前工程と同じT番号が指定された場合は、ATC開始設定、終了設定の内容は全て出力されません

--- 上記4の条件の例外 ---
1:先頭に"!"が付いた行は必ず出力します
2:ATC開始/終了設定の最初の行に"#"が書かれている場合は、全項目を出力します
3:設定で「共通ATCポストの使用」が有効の時で、個別工程の「共有除外」を有効にした場合は、先頭に"#"が無くても、全項目を出力します

--- その他の条件 ---
1:ATC開始設定内の行先頭に"/"が付いた行は出力しません
2:行先頭に"$+"が付いた行は固定サイクル工程の時のみ出力します
3:行先頭に"$-"が付いた行は固定サイクル工程の時のみ出力しません

<通常の出力例>
第1工程 T1
第2工程 T1
第3工程 T2 の場合

開始/終了設定の開始出力の内容を出力
               ↓
第1工程のATC開始設定を出力(工具交換)
               ↓
第1工程の加工パターンを出力
               ↓
第2工程の加工パターンを出力(T番号が同じなのでポストの出力処理はしない)
               ↓
第1工程のATC終了設定を出力(第2工程の開始/終了設定では無い)※
               ↓
第3工程のATC開始設定を出力
               ↓
第3工程の加工パターンを出力
               ↓
第3工程のATC終了設定を出力
               ↓
開始/終了設定の終了出力の内容を出力

(条件 : ATC開始設定内に工具交換コードがある事)

※ 連続する工程で同じ工具番号を使用した場合はポストの処理を行いません
次の工具を指定した工程か最後の工程が終わった時点で、終了ポストの処理を行いますが
その際は、工具交換した時の終了設定の値が使用されます。(共有除外の場合)

<ATC開始/終了設定の最初の行に”#”を書いた例>
第1工程のATC開始設定を出力、第1工程の加工パターンを出力、第1工程のATC終了設定を出力
第2工程のATC開始設定を出力、第2工程の加工パターンを出力、第2工程のATC終了設定を出力
第3工程のATC開始設定を出力、第3工程の加工パターンを出力、第3工程のATC終了設定を出力

#
G90G00SX?SY?SZ?
M03S?

#
G80?G00NZ?
G91G28Z0

<工具交換を行う必要が無い場合>
工具交換の必要が無い時は、各工程の工具設定でT番号を"0"にします
その際は基本動作条件の1と4により、全てのATC開始設定、終了設定の内容が出力されないので
工具の回転や位置決め等のNCデータも出力されません。
その場合は、「上記4の条件の例外」方法の何れかで出力させます。

注意:
ポストの記述内容によっては、予期せぬ動作により事故が発生する可能性があります
使用機械に合わせてポストを作成する場合は、基本的な内容からはじめて順次追加してください
また、複数の機械で使用する場合は、共有や編集で対応せず
ファイルを使用して、専用のポストに切り替えて使用することをお勧めします。