NCTOOL                                          Soft - OnLine  

トップ > 画像加工ソフト イメージカット > イメージカットを使用したリトフェインの加工例

リトフェインの発祥は中世ヨーロッパと言われており、大理石を削り裏からの光を当てることで絵として浮かび上がらせるものです。
丁度、写真のネガフィルムと同じ原理で、加工した製品は光を通すことで驚くほど鮮明に見ることができます。

<素材の準備>
素材は4mm〜6mm程で、光を通しつつも厚い部分は遮断する性質の材料が向いています
白や乳白色のアクリルでもOKですが、光の透過性や加工性の良さを考えると
リトフェイン加工には、やはりデュポンのコーリアンが最適かと思います。
アクリル等と比べると少し高価ですが、ソンデックさんのところで入手できる板材は
手頃な大きさにカットされていて無駄が無く、特に4mmに加工されている材料は
剛性の低いマシンで加工する場合に向いています。

<ソフトの設定とNCデータ作成>
@ ImageCutを起動して画像を読み込みます
  必要に応じて画像の処理を行いますが、画像に問題が無ければ特に必要はありません

A次に「変換」タブをクリックします

B「連続加工」を選択して最初に荒取り用データ作成のための設定を行います

C各項目の設定

D設定が終了したら「変換実行」ボタンを押して画像から出力用数値に変換します

※ 変換が完了すると自動的に「パス表示」タブ(カッターパス描画画面)に切り替わります

Eこの画面では加工軌跡の表示を確認したりNCデータとして出力する際の設定を行います

今回は6mmの板材を使用して3mmの段差に設定しているため
Z原点を-2mmの位置に設定しています
(一番厚い部分で4mm、薄い部分で1mmになる計算)

※ パス画面ではマウスの左ボタンで移動、右ボタンで回転、ホイールで拡大/縮小の操作が可能です

設定が完了したら、「NCデータ出力」ボタンを押して、ファイルに保存します

F次に仕上げ用のNCデータを作成しますが
その前に、メインメニューの「ファイル」から今まで設定した荒取りデータを保存しておきます

「変換」タブを押して工具とピッチの設定を変更します

後は、DEの操作で仕上げ用のNCデータを作成して保存します

<実際の加工>

@ ソフトで設定した工具と出力条件に合わせて、工具の装着と各原点を出します

  今回は加工する中心部がX0Y0で、加工面上がZ0としています

A後は機械側でNCデータを読み込み加工を行います

←荒取り加工

←仕上げ加工

←完成品

<使用上の注意>

このページで紹介している例では荒取りで最大4.8mmの深さをF1000の設定で加工しています
回転数の出ない機械や剛性の無い機械では工具が破損する可能性がありますので
各数値は使用条件に合わせて設定してください