Ver.2.2では全体の画面表示とCADの作図アイコンの表示方法を変更しました

※ メイン画面は、従来のMDI(親子画面)表示の他、各画面を独立して起動する方法も追加
※ CADの作図アイコンは自動ポップアップを廃止して半固定式に変更
  (全アイコン表示を選択していた場合は、同じ設定も可能です)

↓の画像は独立画面選択時のランチャーメニューです

その他の追加機能を含む変更内容は下記の通りです

<削除した項目>

CAD設定 - 画面タブの「補助設定表示を作図領域に表示」

CAD設定 - 作図補助タブの「サブアイコンのポップアップ時間」

CAD設定 - パラメータタブの「メニューアイコンをクリックで表示」

<変更した項目>

CAD設定 - 画面タブの「全てのメニューアイコンを表示する」→「作図メニューのグループ名を非表示」 

メイン設定 - 「メインメニューの位置」をオプション設定タブからメニュー設定タブへ移動(左、下を追加)

メイン設定 - NC軌跡タブの「画面色」から「画面色(上)」「画面色(下)」に変更
 

<追加した項目>

各画面のメニュー項目にショートカットを追加
(MDIモードで各画面のメニュー項目を表示する場合は、必ず[Alt]キーを押しながら操作してください)

CADのアンドゥー、リドゥーはショートカットの他、マウスのサイドボタンでも可能になりました

メイン設定 - メニュー設定タブを追加

メインメニューに「画面1」「画面2」ボタンを追加
(右クリックで現在の状態を登録、左クリックで呼び出し)

CADにスケールを追加(CAD設定 - 画面タブに「スケールの線色」を追加)

CAD設定 - 画面タブに「作図アイコンを常に非表示」を追加
 

CAD設定 - 曲線タブの楕円と円弧に「分割直線で作図する」を追加

<メイン画面表示に関する補足説明>

メニュー設定タブ内の各項目の説明は下記の通りです

「独立画面を有効にする」 ... 有効にした場合は、各画面を独立して表示します(変更はAIONの再起動が必要)

「オープニングメニューを表示する」 ... 有効の時は起動時画面の選択ダイアログを表示します
(但し、スタンダード版は必ず表示するため無効にはできません)

その他、メインメニューに表示する各項目を表示/非表示にするためのチェック項目を追加していますので
好みに合わせて選択してください

<CADアイコン表示に関する補足説明>

通常は、「作図メニューのグループ名を非表示」と「作図アイコンを常に非表示」を無効にして
直線、円/円弧などのグループ名をクリックして必要なアイコンを表示又は非表示にします。
 

解像度の低い画面の場合は「作図アイコンを常に非表示」を有効にして画面高さを確保します
(この場合は、アイコンをクリックした時点で隠れますので、毎回グループ名をクリックする必要があります)
又、ある程度の画面高さが確保できて、毎回のクリックが面倒な場合は
「作図メニューのグループ名を非表示」を選択してください

※ 一番上のグループ名「直線」をクリックする際、+[Shift]で全て閉じ、+[Ctrl]で全て開く事ができます

※ 画面の解像度が低い場合で多数のグループを展開すると下の部分が表示できなくなりますが
  アイコンの位置でマウスホイールを回転させる事で上下にスクロールできます

<スケールの補足説明>

スケールはCAD又はCAM画面で図形の大きさを簡易的に計る事ができる機能です
原点位置(起動時は左下)の○を左マウスボタンを使って移動できます。
(図形の選択等は○エリア内ではできません)
 

スケールの表示、非表示はCAD画面左の[スケール]ボタンで切り替えが可能です
(CAM画面の表示もこの選択ボタンに連動していますのでご注意ください)